ライフハック

webライター初心者は稼げるのか?直近の収入も公開します!

何かに縛られることなく、個々の自由な裁量によって働くことができるフリーランス、その中でも「webライター」という職種が注目されています。このwebライターという職種は、今までに執筆経験がなくても比較的活躍することができる職種で、なってみたいと思っている方もいることでしょう。

しかし、いざwebライターになろうと思っても、初心者の方であると「稼げるのか」と心配になってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、webライター初心者は稼ぐことができるのかという解説や、初心者の私の直近の収入も公開します。

 

 

korosuke
korosuke
今は副業を認める会社も多くなり、本業だけではなく副業としてもwebライターは注目されているよ。果たして初心者の人でも稼ぐことはできるのか、今回はそこのところを紹介していくよ!

 

 

webライターってなに?

ノードPCで作業中

webライターの明確な定義はありませんが、簡単に言えばweb上の記事やブログなどを執筆して賃金を得る方のことです。現代のネット社会では、紙媒体ではなくネット上の記事をビジネスの場として活用していることが多いため、webライターの需要はより多くなっていくことが考えられます。

働き方としては、会社に属さずにフリーランスとして活動している方が多い傾向です。特定メディアサイトの専属ライターとして執筆したり、あらゆるメディアサイトから依頼されて記事を執筆したりと、webライターの中でもいろいろな働き方があります。

さらに、現在では副業を認める会社が多くなり、副業でwebライターをする方も多くなりました。webライターは在宅でできる仕事です。さまざまな形態で自由に仕事ができるという点も魅力的と言えます。

webライターはどこで仕事を受注するの?

契約成立

クラウドソーシングサイトで受注する

一番効率が良い受注の仕方は、「クラウドソーシング」です。クラウドソーシングとは、仕事の依頼元であるクライアントとワーカーのマッチングサイトです。

プログラミング・映像編集・翻訳・記事執筆など、さまざまな職種ごとにクライアントが仕事の依頼を出しています。仕事に応募し、クライアントに選ばれれば晴れて仕事の受注の成功です。

自分で営業をかけにいくのは非効率的

自分の足で営業をかけて仕事を受注するのも良いですが、それでは効率的に仕事を受注することは難しいでしょう。相手先がwebライターを必要としていなければ、無駄足となってしまうからです。

クラウドソーシングであれば、わざわざ会社に出向いて営業をかける必要がないので、とても効率的。営業にかける時間を記事の執筆にあてることができますよ。

ただし、クラウドソーシングでクライアントに選んでもらう際には、他のワーカーとの競争があります。簡単に仕事が取れるわけではないので注意してくださいね。

webライター初心者は最初にどうするべき?

タイピング

①大手クラウドソーシングサイトに登録する

webライターを始めたばかりの初心者の方は、まずはクラウドソーシングサイトに登録をしましょう!大手のクラウドソーシングサイトで仕事量が多い「ランサーズ」と「クラウドワークス」に登録をしておけば、まず間違いはありません。

 

前回の記事で、ランサーズとクラウドワークスの解説をしていますのでご参照ください。

 

クラウドソーシングサイトは他にもあります。比較的短い時間で作業を完了させられる仕事が多く、主婦の隙間時間にピッタリな「シュフティ」、ランクが上がれば高単価の案件を受注できる「サグー」などがあり、必要に応じて登録するのも良いでしょう。

スポンサーリンク


②受注しやすい低単価案件から始めて数をこなす

webライターを始めたばかりの初心者の方は、まずは低単価案件を受注して数をこなし、webライティングに慣れていきましょう。

1文字1円~の高単価の案件は、ある程度の実績があるワーカーでないと、クライアントから選んでもらえません。どのクラウドソーシングサイトでも、自分の実績がクライアントに表示されます。そのため、始めたばかりの初心者の方は実績がないので、信用されずに選んでもらえないことも。

まずは、1文字1円未満の低単価案件の数をこなしてwebライティングに慣れていき、実績を積んでいって徐々に高単価案件に応募をしていくと良いですよ。

webライターは初心者でも稼げるの?

喜び

初心者でも稼げる!

結論から言うと、稼ごうと思えば稼げます!webライターは、プログラミングやwebデザイナーのように経験が必要な職種ではなく、未経験であっても比較的活躍することができる職種ですよ。現に、私も全くの未経験でした。

webライターで重要なことに、きれいな日本語・しっかりとした文脈・読者に分かりやすい表現・SEO対策(検索結果で上位に表示させるための対策)などがあります。こういった重要なことは高単価の案件では必ず求められますが、低単価の案件であれば比較的基準が低い傾向に。

そのため、初心者でも低単価の案件の数をこなせば、それなりの収入を得ることができます。数をこなしていく内にスキルや実績も付き、高単価案件へと繋がっていきますよ。

低単価でも効率良い作業で時給単価UP

また、文章がポンポンと頭に思い浮かんでくるという方は、効率良く作業をこなして時給単価を上げることができますよ!

1文字0.5円だとしたら、3000文字を2時間かけて仕上げることができれば、時給換算すると750円に! これがもし、3000文字を5時間かけた場合は300円という結果に……。

初心者の方で低単価の作業であっても、全く稼げないということはありません!

webライター初心者である私の初月の収入公開!

豚貯金箱

私は、専業のwebライターとなって約3ヶ月(2019年3月現在)です。その前は、副業として半年ほど軽めの執筆のみしていました。なので、ほぼ初心者と言えます。

①初月は20万円

そんな私の専業となって初月の収入は、20万ほどです!ここに消費税が入ったり、システム手数料が引かれたりします。

②2ヶ月目は15万円

2か月目が15万ほどです!1つのクライアントからの執筆依頼がなくなったため落ちましたが、3ヶ月目の今は新たなクライアントから仕事を受注しており、また20万円近辺にはなりそうです。

このように、初心者でも20万円近辺にすることは可能です!今は、最高で1文字2円の執筆もさせていただいていますので、本気で執筆すればもっといくのでは、と思います。集中力が切れてだらけてしまうのですがね……。

webライターは初心者でも活躍できる!

ここまで、webライターは初心者でも稼げるのかということを中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

webライターは、初心者の方であっても決して稼げないということはありません!最初は低単価案件であっても、効率良く執筆を行うことで時給単価を上げれば稼ぐことができます。それを続けて実績を積んでいけば、さらに高単価案件の受注にもつながりますよ!

興味がある方は、ぜひwebライターの世界に飛び込んでみてくださいね!