ライフハック

フリーランスの不安とは?どういうときに不安を感じる?

さばききれない仕事量、夜遅くまでの残業、休日出勤などから解放されるフリーランスは、自分の思うように仕事を進めることが可能です。そのため、「人間らしい生活ができている」と実感することも。

しかし、会社員時代にはほとんどなかった感情に襲われることもあります。それが「不安」です。フリーランスの方であれば、しばしば不安を感じることがあるのではないでしょうか?

例にもれず、私も不安を感じることがあります。果たしてそれがどういった不安なのか、どういうときに感じるのかをご紹介します。

 

フリーランスの感じる不安とはどういうもの?

フリーランスの感じる不安は、今までに経験したことがないような不安です。いくつかご紹介していきます。

将来どうなっているかが見えない

悩み事

これは会社勤めの方も感じるかもしれませんが、フリーランスの場合は倍以上に感じます。自分の力一つで仕事を受注していくので、この先仕事をもらえるのかどうかも分かりません。

10年後、20年後の自分がどうなっているのかが全く持って不透明です。

家族をお持ちの方であれば、さらにこの不安を感じることでしょう。

他の人と比べてしまう

少し怒り気味

他の人は会社で役職が付いているのに、自分はフリーランス。稼ぎがかなり良いのであればいいですが、ほどほどの稼ぎだとより不安になることに。

同窓会や久しぶりに会う友人と近況を話すのが、嫌になることもあるかもしれません。

フリーランスの不安を感じるとき

仕事に没頭していると感じませんが、ふとしたときに不安を感じる瞬間があります。では、一体どういったときに不安を感じることが多いのでしょうか。

仕事がひと段落した休憩中

黄昏る老人

仕事がひと段落して、休憩しているときにふと不安を感じることがあります。会社勤めの友人や知人を思い浮かべて、「今のままで良いのかな」と思うことも。

一番不安に思うときは、休憩中にテレビを見たりゲームをしたりしているときです。

「ニートだっけ?」と思ってしまうことも(苦笑)

不安が増大するので、テレビやゲームは一日の終わりにすることをおすすめします。

家の中でずっと仕事をしているとき

徹夜での仕事

webライターは、ネットに繋がったパソコン1台あればできる仕事なので、基本は家で仕事をします。ずっと家にいると、気が滅入ってくることも……。

やはりそんなときは「本当にこのままで良いのか」という不安がよぎります。そんなときは、一旦外にでて散歩したり、窓を開けて外の空気を吸ったりするのが一番!

スポンサーリンク


不安を解消するには

不安が頭に浮かんだ状態でいると、どんどんネガティブな方向へ向かってしまいます。ネガティブになると、仕事に集中できないことも。早めに不安を頭の中からなくすことが重要です!

とにかく仕事に没頭する

ノートパソコンで業務

とにかく仕事に没頭して、不安を頭の中から消し去りましょう!仕事に没頭することで、充実感が生まれます。

不安だからと、そのまま何もしないで考えているときが一番危険!どんどんドツボにはまってしまいますよ。不安を感じたら、行動あるのみです。

とにかく稼いで実績を作る!

飛び跳ねる女性

いつも不安を抱えているという人は、仕事に没頭して稼ぎましょう!とにかく稼ぐことで、「自分一人の力でこんなに仕事をこなしたんだ」という自信に繋がります。

人は、実績を作ることで自信をつける生き物。

不安が続くようだったら、とにかく仕事に没頭して稼げるだけ稼ぎましょう。そのときはつらいかもしれませんが、実績をつけることで必ずや将来に繋がるはずです。

不安は人間の想像が生んだもの

フリーランスになると、会社員時代よりもはるかに不安になることが多くなります。何かの歌で似たような歌詞がありましたが、不安は人間が勝手に生み出すものです。まだ起こってもいないことを考えていてもしょうがありません。

これからは、会社員であっても将来が保障されているとは言えない時代です。今後は、フリーランスの人口が増加する可能性が大です。

 

この記事で、フリーランス人口の増加について解説をしていますのでご参照ください。

 

フリーランスという職務形態に自信を持ち、今後も邁進していきましょう!