ライフハック

【2020.1.7】イエティのゲレンデ状況や道路状況は?ノーマルタイヤで行ける?

2019年10月25日、2019-2020シーズンも日本一早くオープンした「スノーパークイエティ」。首都圏からも気軽に行けるスキー場として人気です。

なかなか行けなかったのですが、今シーズン初めて突撃できました。今回は(というか、レポートは毎回ほぼイエティです…)、スノーパークイエティのゲレンデ状況や道路状況をレポートします!

 

korobou
korobou
10月25日にオープンしてから、初滑りまでえらく時間かかったな…。

 

 

korosuke
korosuke
なかなか忙しくてね…。

 

 

イエティの基本的な情報はこちらの記事をお読みくださいね!

フジヤマスノーリゾートイエティとは
イエティでスキーやスノボーを楽しもう!初心者ボーダーもスキーヤーも梅雨が明け、甲子園が終わり、気が付いたらもう秋の虫が鳴いています。この時期になると、早く滑りたくてうずうずしている方もいるのではないでし...

 

昼間であればノーマルタイヤで行けるかも

富士山スカイライン富士宮口

今のところですが、昼間の比較的暖かい時間であれば、ノーマルタイヤでも行けるかもしれません。

この画像は、富士山スカイラインの「富士宮登山口」付近の道路です。富士宮方面から行きましたが、積雪や凍結個所はありませんでした。御殿場方面は分かりませんが、恐らく同じような状況でしょう。

雪が降りやすい富士山スカイラインで全く積雪なしなので、富士サファリパーク方面も恐らく積雪はないと予想できます

しかし、山の天気は変わりやすいもの。急な降雪に備えて、冬用装備をしっかりと用意しておきましょう。スプレーするだけで手軽にチェーン効果が得られる「スプレー式タイヤチェーン」を持っておくと安心ですよ。

 

 

イエティの公式ホームページに道路状況を載せてくれてあるので、出発前にチェックしておきましょう!

平日なのでまったく混雑はなし

リフト乗り場

上の画像は、A・Bゲレンデ終点のメインリフトです。見てお分かりだと思いますが、リフト待ちはほぼありません。土日の混雑と比べると天国です…。

ただし、平日は学校の団体客が来ることもあるので注意。学生時代を思い出して、微笑ましく見守りましょう。

積雪量は少ない

Aゲレンデ

ニュースでも伝えられているとおり、今シーズンはどこのスキー場も雪不足で苦戦をしています。イエティは人工雪がメインですが、暖冬によるものか幅も比較的狭め。ちなみに上の画像は、Aゲレンデ上部です。

 

Aゲレンデリフト

こちらはBゲレンデ下部。

端っこのほうを滑っていると、誤って土の上を滑ってしまうかもしれません。かなり傷が付いてしまうので、初心者の方は特に注意しましょう!

スポンサーリンク


人工雪ではあるが滑り心地は良好

Aゲレンデの下部

「人工雪」というと、ザクザクした氷のような感じで滑りにくいことも…。でもイエティの人工雪の質は優れています!

外気温に関係なく雪を作れるICS(アイスクラッシュシステム)という、珍しい降雪機を使っているからかもしれませんね

滑ってみたら…、しっかりと雪が締まっていて、いい感じでグリップしました!

春先のザラメ雪やシャバ雪のように、エッジが抜けることもありません。非常に気持ちよくカービングターンができましたよ!

Bゲレンデは下部までオープン!

Bゲレンデ下部

1月7日のお昼ごろに、Bゲレンデが下部までオープンしました

Aゲレンデよりも少し幅が狭いため、初心者の方はAゲレンデのほうが安心かもしれません。

ただ、上部は多くの初心者の方が練習しているものの、下部は平日ともあって貸し切り状態でした。周りの人を気にすることなく滑りたい方におすすめですよ。

C・Dゲレンデはまだ未オープン

Dゲレンデ

残念ながら、1月7日現在でC・Dゲレンデは未オープンでした。暖冬なのでしょうがないですね。

ちなみに上の画像はDゲレンデの下部。まだオープンまでは時間がかかりそうです。

イエティのホームページによると、C・Dのオープンは1月中旬を予定しているとのこと。期待しましょう!

やっぱりイエティは楽しい!

今シーズン初めてイエティに突撃しましたが、やっぱりイエティは楽しかったです。コンパクトで滑走距離も短いですが、そこがいい。初心者の方でも、恐れることなく気軽に楽しめます!

帰り道、かわいい子鹿やたぬきに会えるかもしれませんよ。また滑りに行ったらレポートしますので、乞うご期待!