ライフハック

スノボ初心者が滑る際に意識したほうがよいこととは?木の葉滑りにも使える!

スノボは、1枚の板に乗ってバランスを保ちながら、ターンやトリックを楽しむスポーツ。うまく滑られたときの快感や達成感は、何事にも代えがたい瞬間です。

しかし、初心者であると「恐怖心」や「ケガ」が怖くて、なかなかスノボを楽しめないことも…。

今回は、そんなスノボ初心者の方が、滑る際に意識したほうがよいことを紹介します。木の葉滑りの際にも使えるので、ぜひチェックしてみましょう!

 

korosuke
korosuke
スノボ初心者は恐怖心との戦いだ。
今回の技を習得して恐怖心に打ち勝とう!

 

 

スノボ初心者は山側に重心をかけてみよう

スノボ初心者がスノーボードに慣れていくコツは、「山側に重心をかけるように意識する」ことです。

山側へと重心を意識して滑ることで、恐怖心を減少させてスノーボードに慣れますよ。

スピード調整がしやすくなる

フロントサイドターン

初めてのスノーボードでは、両足が固定されて自由が利かず、自分の予想よりも速度がでてしまうことも…。

制御不能な状態でスピードが出てしまうと、誰しも恐怖感を抱いてしまいますよね。

そんなときでも、山側に重心をかけることで、エッジをずらしてスピードの調整がしやすくなるのがポイントです。

ケガをしづらくなる

転倒

山側への重心を意識してスピードを出にくくすれば、ケガの防止にも役立ちます。

仮に転倒しても、山側に倒れれば、接地するまでの距離が短くなるのがポイント。頭部を勢いよく打ちにくく、怪我をしにくいので安心感が高いのが特徴です。

木の葉滑りにも活かせる

ピステンされたバーン

バックサイドのままやフロントサイドのままの「木の葉滑り」を練習する際も、山側重心の意識は役立ちますよ。

木の葉滑りは、山側に重心をかけて停止をします。

山側へ重心をかける感覚を掴んでおけば、スムーズな木の葉滑りが可能です。

一番危険な「谷を背にした転倒」を防げる

転倒した直後

山側への重心を意識して滑ることの最大のメリットは、「谷を背にした転倒」を防げることにあります。

を背にして転倒した場合は受け身が取りにくく、接地までの距離が長いために転倒のダメージは大きくなることに…。ダイレクトに頭を打った場合、大ケガにもつながりかねません。

山側重心を意識していれば、谷側に転倒するリスクが減り、恐怖心も減らせます。恐怖心が大きかったら、せっかくのスノーボードがつまらないものになってしまいますよ。

スポンサーリンク


リラックスして滑るのが重要

景色を眺めるスノーボーダー

山側重心を意識すれば、転倒しても怪我や痛みに繋がらないため、転倒に対する恐怖心を減らせます。

リラックスして滑ることができ、身体バランスを向上させて、転倒を予防することにつながりますよ。

けがや事故は、スノーボードの楽しさを奪い、同行者にとっても残念な気持ちや後悔を与えてしまうかもしれません。

「楽しい気持ち」を持ち続けることで積極性や意欲を生み、さらなる上達の道へとつながっていきます。

楽しければそれでOK!

ピースサインするボーダー

山側のみへの重心の意識は、さらに上達するうえでは、いつかは卒業しなくてはいけません。

しかし、卒業を焦る必要はまったくないので安心しましょう

皆が皆、プロを目指しているわけではありません。「仲間と滑るのが楽しいから」「白銀の世界に癒されるから」など、スノーボーダーそれぞれの楽しみ方でOKです。

うまくなることも重要ですが、最も重要なのは「keep snowboarding」でスノーボードを楽しむこと!

その日のスノーボードが終わって残念な気持ちにはならないように、とにかく楽しむことが重要です。

スノボが「楽しい」と思えれば、いつのまにか「山側重心の意識」は頭から消え去り、自由自在にカービングターンをしているでしょう!

恐怖心を減らして楽しむことが上達への近道

初めてスノボをやる方に伝えたいのは、「怖がらずに楽しむ」ということ。山側重心の意識をすれば、比較的安全にスノーボードが楽しめます。

「なかなか上達しないなぁ」と焦る必要はまったくありません。マイペースで練習して、徐々に恐怖心を減らしてターンの練習をしていきましょう!