ライフハック

バランスボードのトレーニング方法とは?おすすめの方法をご紹介!

スケートボード・サーフィン・スノーボードと、さまざまな横乗り系スポーツのオフトレに最適なのが「バランスボード」。

普通にバランスを取っているだけでも非常に良いトレーニングになりますが、工夫するとさらにレベルアップしたトレーニングが可能です。今回は、バランスボードでトレーニングをする際の、おすすめの方法を紹介します。

 

korosuke
korosuke
オフトレや外に出られないときなど、バランスボードは最高のトレーニングツールだよ!

 

バランスボードの基本的な情報については、こちらをチェック!

バランスボードでオフトレ
バランスボードでオフトレをしよう!スノーボード・スケボー・サーフィンに暖冬で雪不足であると、なかなか最高のコンディションで滑れないことも。特に春先になってしまうと、「コンディションが悪いから、スキー場に行く...

 

 

おすすめのトレーニング①「手でバランスを取らない」

手を後ろに組んだまま

難易度★☆☆

まずは、「手でバランスを取らない」というトレーニング方法です。難易度はそれほど高くないので、まずはこのトレーニングから始めてみましょう!

手でバランスを取らないトレーニングは、以下のどちからの方法で行います。

  1. 腕を後ろで組む
  2. 腕を地面に対して垂直に固定する

難易度的には「腕を後ろで組む」ほうが高くなるので、最初は「腕を地面に対して垂直に固定する」ほうで始めるのがおすすめです。

いずれかの方法でトレーニングをすることで、手でバランスを取らなくなります。手のバランスに頼れないため、よりいっそう下半身のバランス能力が問われることに。

バランス感覚のさらなるアップにつながりますよ。足の筋肉をフルで使う感覚が生じるのもポイントです。

おすすめのトレーニング②「低姿勢を維持する」

低姿勢のまま

難易度★★☆

次に紹介するのは、「低姿勢を維持する」という方法です。トレーニング①よりも、難易度は1段階上がります。

方法は、膝を落とした低姿勢のまま、バランスを取り続けるというものです。バランス感覚はもちろんのこと、足の筋肉を非常に使うのがミソ。

スノーボード中でも、多少バランスを崩してもふんばりが効くようになりそうです。

 

korosuke
korosuke
ある程度行っていると、足がプルプル震え出すゾ

スポンサーリンク


おすすめのトレーニング③「スクワットをする」

スクワット スクワット2

難易度★★★

最後のトレーニングは、「スクワットをする」です。こちら、難易度MAXとなるのでご注意願います。

方法は、バランスボード上でスクワットをするだけです。一見簡単そうに見えますが、結構難しいですよ。

このトレーニングは、バランス力と筋力の両方を鍛えられるのが大きなメリット。特に、低姿勢になってから上体を上げるのが難しいポイントです。

オフシーズン中にこのトレーニングをメインに行い、シーズンインした際にどう感じるのか実証をしたいと考えています。こうご期待!

 

 

バランスボードは、ほかにも円形のものなどがあります。しかし、スノーボード・サーフィン・スケボーなどの横乗り系スポーツのオフトレとしては、スケートボード型のバランスボードがおすすめですよ!

横乗り系のオフトレにバランスボードは最適!

横乗り系のオフトレーニングというと、スケートーボード・サーフスケート・Tボード・フリーボードなど、外で行うのが一般的です。

しかし、雨が降っていたり猛暑であったりすると、なかなか外で運動するのは難しいことも…。

バランスボードであれば、今回紹介したトレーニング方法で筋トレとバランス力の両方のトレーニングが可能です。ぜひ、紹介したトレーニングを実践してみてくださいね!