商品レビュー

カッコ良い!下向きマフラーでスポーティーさにかける車におすすめのマフラーカッター

車のスポーティーさを決める重要な要素が”マフラー”。特にスポーツカーは大口径のマフラーが付いていてかっこいいですよね!

現在では、下向きで小口径のマフラーが装着されている車種も多く、リアが貧相に見えてしまうことも…。

そんなときに大活躍するのが、下向きマフラーにも付けられる”マフラーカッター”です!今回は、下向きマフラーをスポーティーに変身させるSEIWAのマフラーカッターをレビューします。

 

korobou
korobou
下向きマフラーだと、いまいちリアの迫力にかけるんだよね…。

 

korosuke
korosuke
待って!あきらめるのはまだ早いよ!

 

korobou
korobou
へっ?どうすりゃええのん?

 

korosuke
korosuke
SEIWAのマフラーカッターなら、下向きマフラーに装着できてスポーティーさがアップするよ!

そもそもマフラーカッターってなに?

マフラー

マフラーカッターとは、マフラーの排気口にかぶせて取り付けるドレスアップパーツのこと。装着することにより、小径の排気口が一気に大径に変わり、迫力のあるリアを演出可能です。まるでスポーツカーのような、スポーティーな雰囲気に変わりますよ。

最近の車種は、リアバンパーの下部にマフラーの排気口が設置されていることが多く、リアの見た目が貧相になりがちです。

見た目をスポーティーにするために、マフラーを交換するという手もありますが、それだと一気に10万円以上のお金が吹き飛ぶことも…。

そんなとき、排気口にかぶせるマフラーカッターであれば、数千円で見た目をスポーティーに変えられるのが大きな魅力です。

 

korosuke
korosuke
安いのにスポーティーな雰囲気を演出できる…。マフラーカッターは神です!

SEIWAのマフラーカッターは「下向きマフラー」対応

SEIWAのマフラー

最近では、排気口がバンパー下部に下向きで設置されている車種も多くあります。そのままの状態だと迫力がなく、なんとかマフラーカッターで雰囲気を変えたいもの。

しかし、商品によっては下向きマフラーには対応していないことも…。今回購入したSEIWAのマフラーカッターは角度調節が可能であり、下向きマフラーにも対応しているので安心して取りつけ可能です。

もちろんストレートタイプのマフラーにも対応していますよ。

ステンレスの輝きが美しいですね。商品の真ん中のつなぎ目部分で角度調節が可能です。

横から

正面から見るとこんな感じ。

正面から

角度調節ができるので、

  • 下向きマフラーをストレートにする
  • ストレートマフラーを斜め上向きにする
  • ストレートマフラーを斜め下向きにする

などが可能です。自分好みの角度でリアを演出できるのがうれしいですね!

下向きマフラーに対応

スポンサーリンク


工具付きで取りつけも比較的簡単

工具付き

商品の中に、取りつけ時に必要な工具であるレンチやスパナなどが同封されているので、自分で工具を用意する必要はありません。工具が家にない方でも、別途購入して余計な費用がかからないのがうれしいですね。

取りつけ作業についても、そこまで難しいものではありません。よく車いじりをするという方であれば、簡単に終わらせられるでしょう。

取り付け方

以下で、大まかに装着方法の流れを紹介していきます。

①ねじ類を付けてマフラーに設置する

第一工程

最初の工程は、マフラーカッターにイモネジ・ワッシャー・ナットなどの仮取りつけです。説明書に書かれているとおりに、マフラーカッターへと取りつけましょう。仮取りつけは3箇所あります。

ねじ類を仮取りつけしたら、マフラーの排気口にあてがいます。あてがったら、自分好みの角度になるように、商品真ん中のジョイント部分を動かして角度調整をしましょう。

②レンチで締める

好みの角度に調節したら、マフラーの排気口が商品の中心にくるように、レンチで各ねじを締めていきます。

③スパナで本締めする

レンチで締めたら、最後にスパナで本締めして完了です。車種によっては、バンパーが邪魔で②と③の作業がしづらいかもしれません。

商品下部のボルトは、プラスドライバーで締めると楽ですよ!

装着したらかなりスポーティーに!

装着してみたら、リアの迫力が増してかなりスポーティーになりましたよ。

 

BEFORE

マフラーの排気口がまったく見えませんね…。

BEFORE1

かなりショボいです…。

純正マフラー

 

AFTER

一気にスポーティーに!

装着後1

リアの迫力が増しました!

装着後2

愛車は「ノート e-Power モードプレミア」です。エンジンは発電専用でモーター駆動であるため、マフラーカッターを変えたところで走りが変わるわけではありません(汗)

しかし、最上級グレードの「nismo」のように、リアの迫力が増したのはうれしいところ。

完全に自己満足の世界ではありますが、愛車を所有する満足感が一気に高まりました!

SEIWAのマフラーカッターはおすすめですよ!

 

 

マフラーカッターを購入する際には、以下のことに気を付けましょう。

純正マフラーの口径は車種によって異なるため、愛車に合う商品を選ぶこと!

愛車のマフラーの口径を測定してから、マフラーカッターを購入しましょう!ちなみに今回購入したのは、SEIWAの「K325 Mサイズ 直径33~52mm」のマフラーカッターです。

SEIWAのマフラーカッターで愛車をスポーティーに!

SEIWAのマフラーカッターは、安価でスポーティーさを演出できるのが大きな魅力!下向きマフラーにも対応しており、リアの迫力がアップします。

必要な工具も同封されており、商品到着後すぐに装着できるのもうれしいですね。「リアの迫力がイマイチ」「リアのスポーティーさが足りない」という方は、ぜひ装着してみてくださいね!