商品レビュー

自宅で気軽に運動できる!ハイガー産業のエアロバイクは超おすすめ!

自転車で外を颯爽と走ると、非常に良い運動になって充実感を得られますよね。

しかし、「忙しくて外に出る時間が取れない」「車道を走るのが怖い」、などで、中々自転車で走りに行けないという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがエアロバイク!家にいながらにして、気軽に思い切り自転車運動ができますよ。

今回は、実際に購入したハイガー産業のエアロバイク「HG-QB-J917B」を紹介していきます。

外での自転車運動の不安を解消するエアロバイク

 

korobou
korobou
ロードバイクやクロスバイクで走りたいけど、いろいろと不安があって中々一歩が踏み出せないんだよ

 

korosuke
korosuke
きっとそういう人は多いんじゃないかな?以下に、ロードバイクやクロスバイクで気軽に走れない理由を挙げていくよ

 

①車道を走るのが恐怖

車道を走るのが怖くて、中々自転車で運動ができないという方もいるでしょう。かくいう私もその一人でしたから(笑)

自転車は、基本車道を走行することとなっています。車道を走行するということは、横を車やバイクが追い抜いていきますよね。

追い抜いていく車の中には、横スレスレを通る車もいるのが実情です。

実際私がロードバイクに乗っていたときも、何度も横スレスレを通られ、非常に怖い思いをしました。また、何かの拍子に転び、車道側に倒れることを想像するとゾっとしますよね。

②パンクの不安

自転車で走る以上、パンクのリスクは拭い去れません。特にロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ系自転車のタイヤは、リム打ち(段差を乗り越えた際などの衝撃のパンク)でパンクがしやすくなっています。

路上でパンクすると、当然ですが修理やチューブ交換などをしなくてはいけません。慣れている方であればスムーズにできるかもしれませんが、初心者の方は手間取って大幅な時間ロスになったり、修理できず走行不可能になる恐れもあります。

自宅から距離のある場所でパンクすると、非常に不安ですよね。私も初心者の頃にパンクをし、恥ずかしながら泣きそうになったことがあります……。

不安感があると、中々自転車で走りに行こうと考えられなくなってしまいますよね。

③思い切り走れない

田舎の見通しの良い道路であれば良いですが、街中で走行する場合は思い切り走行することはできません。

街中で、目いっぱい運動をしたくて猛烈にペダリングすると、スピードが出て非常に危険です。歩行者にぶつかるなどの事故が発生するリスクが高くなります。

思い切り運動したくて自転車に乗っても、場所によってはあまり運動にならず、不完全燃焼となることもあるでしょう。

 

korosuke
korosuke
これらの不安を全て解消して運動できるのが、自宅で気軽に運動できるエアロバイクなのだ!

スポンサーリンク


ハイガー産業エアロバイクの各パーツや機能を紹介!

購入したハイガー産業のエアロバイク「HG-QB-J917B」の各パーツや機能を見ていきましょう。

全体図

肉厚で背もたれがあるサドル

サドル周り

サドルは非常に肉厚であり、長時間座っていてもお尻が痛くなることはありません。また、背もたれも付いているので、よりかかれば上半身が疲れにくいのもグッド!

両脇にはバーがあるので、背もたれにもたれかかっても、バーに掴まればリラックスしながら安定したペダリングが可能です。

ちなみに、背もたれにもたれかかるとこんな感じになります。エアロバイク本体は非常に安定しており、ガタガタと音がなったり横に揺さぶられる感じもありません

椅子にもたれる

使い勝手の良いハンドル

ハンドル周り

ハンドルはごく一般的な形状をしています。スポンジの触り心地が良く、長時間触れていても不快にはなりません。

両端に付いているシルバーの部分は、心拍センサーです。シルバー部分を両手で触ることによって、心拍数を測れる優れもの。

また、さまざまな体勢でペダリングすることが可能です。

通常姿勢

通常姿勢

よく使う姿勢です。のちほど解説しますが、心拍センサーを利用する際の姿勢でもあります。

腕や上半身が疲れたときの姿勢①

腕を前に

腕や上半身が疲れたときの姿勢②

腕を曲げる

 

ロードバイクやクロスバイクに乗られている方なら分かると思いますが、長時間同じ姿勢でいるのは非常に疲れます。

上の画像のように体勢を変えられるので、長時間でも運動しやすいのがうれしいポイント。

長くしっかりとした運動が可能ですよ!

視認性の良いメーター

メーター周り

メーターは視認性が良く、運動中でも各表示をはっきりと見られます。

左下から順に、

①時速

②ペダリングしている時間

③走行距離

④消費カロリー

⑤心拍数

となっています。

なお、心拍数はハンドルに付いている心拍センサーに触れないと作動しません(P表示となる)。

緑のボタンを押すごとに、各表示が拡大表示されていきます。また、緑のボタンを長押しすると、今までのデータが消去される仕組みです。

スマホやタブレットを乗せられるようになっているので、動画を見ながら運動することも可能なのがいいですね!自分はよくYouTubeを見ながら運動してますよ。

ネットでの評価に、

「スマホやタブレットを置くと、緑のボタンが長押しされてデータが消えてしまう」

とあります。

確かに、運動の途中で置くと、緑ボタンが長押しされてデータが消えてしまいます。

そのため、運動を始める前にスマホやタブレットをあらかじめ置いておき、長押しされてデータが消去されてからペダリングを開始するようにしましょう。

「引き足」が可能なペダル

ペダル周り

足をペダルに固定する「トーグリップ」付きなので、引き足運動が可能です。

引き足運動とは、

ペダルを踏み込んだ際、踏み込んだ足とは逆の足が空に上がる際の力(引き足)をペダルに伝達する運動のこと

 

korosuke
korosuke
ペダルを踏み込む力と同時に引き上げる力も加わるので、より強力なペダリングができるんだよ。

 

引き足運動をすると、より一層の筋力トレーニングになるのでおすすめ!

トーグリップは調節が可能なので、自分の好みの位置で快適な引き足運動ができますよ。

10段階もの負荷調節が可能

負荷調節ダイヤル

10段階もの負荷調節が可能であり、自分に合った運動強度に細かく設定できます。

運動強度に迷ったら、以下の設定を参考にしてみましょう。

・1~3【軽】 健康のために

・4~6【中】 ダイエット

・7~10【強】 トレーニング

上の設定どおり、7になるとかなり負荷が高くなり、上級者の方でも比較的納得できるのではないかなと思います。

ちなみに私は、6に設定して時速30km付近をキープして30分運動します。そうすると、大体500kcal消費したという表示になりますよ。

折りたためば非常にコンパクト

折り畳み時

折りたためば非常にコンパクトになり、部屋に置いても邪魔になりません。

折り畳み時のサイズは以下のとおりです。

高さ……136cm

奥行……53cm

幅 ……50cm

インテリアの邪魔をすることはありません。むしろ、なんだか少しおしゃれにも感じます。

静音性が抜群

静音性に優れているので、夜中に運動しても気になりません。

イメージ的には、ペダリングすると「サー」という音が鳴る感じです。「ガコ」とかぶつけたような音が鳴らないので、安心して利用できます。

大きな音が鳴らないので、小さいお子様がいるご家庭にもおすすめですよ!

おうち時間にハイガー産業のエアロバイクは最高

 

ハンガー産業の「HG-QB-J917B」は、多機能で使いやすく、おうち時間の運動にピッタリ!

静音性に優れているので、夜中に運動するのも気になりません。24時間思い立ったらいつでも運動可能です!

外に出て自転車運動するのがおっくうな方、気軽に運動をしたいという方は、ぜひ今回紹介したエアロバイクを利用してみてくださいね!