商品レビュー

象印のスチーム式加湿器を買ったら大満足だった

冬になると気になるのが「乾燥」。肌がカサカサして白っぽくなったり、手が荒れたりして大変ですよね。

乾燥すると、肌のトラブルだけでなく、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなるのも怖いところ。そんなとき、乾燥から守ってくれる心強い味方となるのが「加湿器」です!

いろいろとどの加湿器を買うか迷った結果、今回は象印のスチーム式加湿器「EE-RQ35」を購入してみました。それでは、早速商品レビューをしていきます!

スチーム式加湿器とは?

スチーム式加湿器とは、ヒーターでお湯を沸かした際に発生する蒸気で加湿する方式の加湿器のことです。ストーブの上に乗せたやかんや、電気ポットをイメージすると分かりやすいですよね。

今回購入した象印のスチーム式加湿器「EE-RQ35」は、形状も加湿方法もまさに電気ポットのような加湿器です。台所に置いてあると、もはや電気ポットにしか見せません(笑)

スチーム式加湿器のメリット

のちほど詳しく解説をしますが、スチーム式加湿器のメリットには以下のようなものがありますよ。

  • 加湿能力が高い
  • 清潔な蒸気が噴出される
  • 室温に左右されない安定した加湿能力
  • お手入れが簡単

もちろん、今回購入した象印の加湿器も、上記のメリットを享受することが可能です。

では、次の項から詳しく「EE-RQ35」の特徴を解説していきますよ!

象印のスチーム式加湿器「EE-RQ35」はここがグッド

象印の加湿器

では、象印のスチーム式加湿器のグッドポイントについて解説をしていきますよ!ぜひ、購入の際の判断材料にしてくださいね。

お手入れが超簡単

ポット内

大きなグッドポイントとして、お手入れが超簡単なことが挙げられます。

象印のスチーム式加湿器はフィルターが不要なので、日頃のお手入れとしては

  • 蓋やポット内の拭き掃除
  • 月1のクエン酸洗浄

だけです。非常に簡単ですよね。

ちなみに、ほかのタイプの加湿器であると、フィルターの掃除や交換などが必要なことも。象印のスチーム式加湿器は、忙しい方にもピッタリですよ。

水が入れやすい

大きな口

画像のとおり、広口仕様なので、水を入れるのが非常に簡単です。口が細い容器でなくても、コップでバシャバシャ入れることも可能

比較的すぐに満タンまで水を入れられますよ。ポットの中で水を入れられるので、周りに水を飛ばしてしまうこともありません。

安心機能で赤ちゃんや子どもがいる家庭にも最適

子どものいたずらや転倒時など、もしものときの安心機能が付いているので、赤ちゃんや子どもがいる家庭にもおすすめです。

チャイルドロック機能

チャイルドロック

チャイルドロック機能が付いているので、子どものいたずらを防止できます。

 

蓋のロック機能

ロック機能

蓋にはロック機能が付いており、矢印の方向にノブを押してロックを解除した状態でないと開けられないのがポイント。誤って開けてしまい、熱い蒸気を浴びるのを防ぎます。

また、ロックがあることで、転倒しても簡単には蓋が開かないようになっていますよ。

 

転倒時自動OFF&転倒時の湯漏れを防止する構造

転倒時には自動で電源をOFFしてくれて、さらには湯漏れを最小限に抑える構造であるため、もしものときも安心です。

清潔な蒸気が噴出される

スチーム式の加湿器は、湯を沸かした際の蒸気を噴出するので蒸気が清潔なことも大きなメリット。

子どもがいるご家庭にもおすすめですよ。

湿度センサー付きで自動運転してくれる

湿度センサー付きで、快適な湿度に自動でコントロールをしてくれます。

自動運転モードは以下の3つです。

  • ひかえめ…体感湿度40%ほど 秋口などでの使用がおすすめ
  • 標準…体感湿度50%ほど オールマイティに使用可能
  • しっかり…体感湿度60%ほど 空気が乾燥する冬におすすめ

季節に合わせて快適な湿度にすることが可能ですよ。

また、低湿・適湿・高湿の3つのランプのいづれかが点灯し、今の湿度状態を簡単に確認することができます。

加湿能力が高い

沸騰させた蒸気を噴出するため、周りの気温に左右されずに強力に加湿してくれるのが大きなメリット。

スチーム式の加湿器は、特に乾燥の激しい真冬には重宝します。

さらに、かい蒸気が噴出されるので、部屋が暖まりやすいのもうれしいポイントです。

 

次の項では、象印のスチーム加湿器がどのくらい高い加湿能力をもっているのか、実際に検証をしてみました!

スポンサーリンク


実際に加湿してみた

購入した象印の加湿器で、実際に加湿をしてみました。今回は、連続運転をしてくれる「弱モード」(自動運転モードだと湿度を感知して適宜停止してしまうため)で、どのくらいの加湿能力があるのかを調べてみました。

計測条件は以下のとおりです。

・6畳の部屋で計測

・計測時の室温は16℃ほど

・5分ごとに、どれくらい湿度が上がっているのかを計測

スタート時の湿度は約65%でした。

スタート時

 

 

5分後…約70%

5分後

 

 

10分後…約75%

10分後

 

 

15分後…約80%

15分後

 

この結果から、単純に計算して、弱モードでは1分に1%も湿度が上昇していることになります。

これなら、乾燥していても、強力な加湿能力ですぐに潤いを与えてくれますね!

スチーム式加湿器特有の気になる点は大丈夫?

スチーム式加湿器特有の気になる点は大丈夫なのでしょうか?ここでは、実際に購入した私の個人的な感想を述べさせていただきます。

スチーム式加湿器の音はうるさい?

確かに、超音波式や気化式の加湿器に比べると、音は大きいです。しかし、私的にはそこまで気になりません。

ポットでお湯を沸かす際の「シュー」というような音がなりますが、慣れれば気にならなくなってきます。実際、夜寝る際に使用していますが、ぐっすりと眠れていますよ

蒸気でやけどしない?

象印のスチーム式加湿器「EE-RQ35」は、約65℃まで冷ました蒸気を噴出しています。そのため、蒸気での火傷のリスクは低くなっているのがポイント。

実際に蒸気を手で触っても、長時間触れていられます(良い子のみんなは真似しないでね)。

子どもがいる家庭でも、安心して使えるでしょう。

倒したら熱いお湯がこぼれてこない?

先にも解説をしましたが、「EE-RQ35」には蓋のロック機能や湯漏れを最小限に抑えてくれる構造が採用されており、倒しても安心といえます。

人が通る場所から近い位置に置く場合、これらの機能が付いていると安心ですね。

象印のスチーム式加湿器は満足度大!

 

 

象印のスチーム式加湿器「EE-RQ35」は、さまざまな機能が付いて使い勝手が良く、さらには非常に高い加湿能力ですぐに潤いを与えてくれるのが大きな魅力。

安心機能もぬかりなく付いており、子どものいる家庭でも安心して使えるのがうれしいですね。

お手入れも楽であり、購入して本当に良かったと感じています。壊れたら、2台目も象印の加湿器で良いかなと思うほどです!

どの加湿器を購入しようか迷っている方は、ぜひ象印のスチーム式加湿器を検討してみてくださいね。