ライフハック

ライダーズリパブリックは家にいながら雪山を楽しめる!イメトレにもおすすめ!

「オフシーズンになった」「忙しくて行く暇がない」「ケガで滑られない」などのさまざまな理由で、滑りに行きたくても行けないことってありますよね。長く滑ることができないと、大きなストレスになることも。

そんなときにおすすめなのが「ライダーズリパブリック」というゲームです!まるで実際に雪山にいるかのような感覚で、スキーやスノーボードを楽しめますよ。

実際にプレイしてみて、「これはスキーやスノーボードのイメトレにぴったりだ!」と感じました。今回は、イメトレツールとしてもおすすめなライダーズリパブリックを紹介していきます。

「ライダーズリパブリック」とは?

オープンワールドのX sportsゲーム

のちほど解説をしますが、「STEEP」というオープンワールドウインタースポーツゲームの続編となります。

大きな山を舞台とし、どこでも自由に滑ったり飛んだりできるゲームです。オンラインで世界中のライダー達と同じ時間・空間を共有し、自由気ままに探索したりフレンドと一緒に滑ったりできるのが大きな魅力。

ゲームで気軽に雪山を楽しめるのがうれしいですね!

異なる機種でクロスプレイが可能

PS4・PS5・PCなど、異なる機種間でクロスプレイが可能というのも特徴。友人が自分と違う機種であっても、同じ雪山で一緒に遊ぶことが可能です。

こたつでぬくぬくしながら、スキー・スノボー仲間とワイワイ雪山で遊ぶなんてこともできますよ。

スノーボードやスキーのイメトレにぴったり!

滑走する爽快感が半端ない!

このゲーム、滑走時の爽快感が半端ないって!

ということで、滑走時の爽快感が半端ない理由を以下に挙げてみました。

キレのあるターンが可能

キレのあるターン

キレキレなターンでゲレンデを縦横無尽に滑り回ることが可能です。クイックに切れ味鋭くターンできるのが爽快感を感じる大きな理由だと感じますね。

 

スキーのキレのあるターン

スノーボードと同様に、スキーもキレキレのターンで滑走可能。

ウインタースポーツゲームは、トリックを繰り出す爽快感はどのゲームでも感じられると思います。しかし、滑走しているだけで気持ちのよいゲームは中々ありませんでした。

これまでさまざまなウインタースポーツゲームをプレイしてきましたが、滑走時の爽快感はライダーズリパブリックがダントツです!

板を立たせたカービングターンの感覚

板を立たせたターン

カービングターンの感覚を味わいたい方は、ライダーズリパブリックをプレイしましょう。カービングターンの擬似体験ができますよ。

ライダーズリパブリックでは、板を立てたターンを行うので、カービングターンの疾走感を味わえるのが大きな魅力。イメージトレーニングにももってこいです!

これには、カービングターンをメインスタイルとしたスキーヤー・スノーボーダーも満足できるのではないでしょうか。

雪を滑る感覚がリアル

雪を滑る感覚

雪を滑る感覚や感触が非常にリアル!雪が圧雪される音・深い雪をかき分ける感覚など、 目を閉じると本当に雪山にいるみたいな錯覚に陥ります。

スキーヤー・スノーボーダーなら誰もが聞いたことのある、あの「ギュッギュッ」「ググググ」のような雪を踏みしめた音を聞けますよ。雪山に行かなくても、家の中であの音を聞いてテンション上げちゃいましょう!

一人称視点でプレイ可能

一人称視点

一人称視点、いわゆるGoPro視点でプレイできるのも大きな魅力。俯瞰視点よりも圧倒的な迫力で楽しめますよ。

GoPro視点でターンをすると、本当にターンをしている感覚に陥るほど!ハイスピードで雪山を駆け抜けると、アドレナリンがドクドクです。

 

スキー一人称視点

本当にスキーの大回転をしているみたいですね!

リアルな風景で没入感が増す

リアルな雪山

超リアルな風景によって、「雪山にいる」という没入感がさらに増します!

リフトで頂上までいった際、きれいな風景を見て感動したり、写真を撮ってテンションが上がったりしたことはありませんか?非日常的な風景を見ることで、よりスノーボードの楽しさが増しますよね。

ライダーズリパブリックでも、リアルな風景を眺めて感動したり、写真を撮って楽しんだりと、思いのままに自由に楽しむことも可能です。

 

リアルな風景です

リアルな雪山の景色に圧倒されます。大自然に包まれているような感覚になりますよね。

 

リアルな風景

普段味わえないようなこんな絶景も、ライダーズリパブリックなら家にいながら簡単に楽しめちゃうんです。

スポンサーリンク



前作STEEPとの違いは?

ターンのキレが増した

先にも紹介しましたが、スノーボード・スキーともに、機敏なターンが可能となったのがうれしいところ。

前作のSTEEPは、板を立てないドリフトターンのようなターンでした。そのため、ターンのキレがなく、「カービングターンをしている」感が薄かったのが少し残念なところ。

 

【steep】

STEEPのターン前作のSteepでは、こんな感じでターンにキレがなく、爽快感の薄さが気になりました。

 

【ライダーズリパブリック】

板を立たせてのターンライダーズリパブリックでは、板を立たせてターンするようになりました。キレのある機敏なターンで爽快感アップ!

ユーザーフレンドリーになった

転倒してもすぐ起き上がれる

ボタン連打ですぐ起き上がれる

転倒をしても、ボタンを連打すればすぐに起き上がって再開できるため、ゲームのテンポがよくなりました。

ストップすることなく滑り続けられ、ストレスが大幅に軽減されたのがグッド!

任意のポイントまで巻き戻せる

巻き戻し

転倒した際、任意のポイントまでの巻き戻しができます。難しいアクティビティで失敗しても、気の済むまでスムーズに何度も挑戦できるのがうれしいですね!

障害物が減った

STEEPの場合は、生い茂る木々や岩などが多く、衝突してしまうことが非常に多くありました。(リアルの山を再現するとこんな感じになるとは思いますが)

【steep】

STEEPは障害物が多い

こんな感じで障害物が密集しているエリアが多々ありました。

 

【ライダーズリパブリック】

ライダーズリパブリックでは障害物が少ない

ライダーズリパブリックでは、障害物が密集しているエリアが少なくなったと感じます。

そのため、転倒するリスクが大幅に減り、縦横無尽にノンストレスで滑走できるようになって非常に楽しい

ライダーズリパブリックは、「ストレスフリーでユーザーに楽しんでもらおう」というスタッフさんの心意気を感じられるゲームです。

夏山で自転車も楽しめる!

自転車にも乗れる

ライダーズリパブリックでは、冬山だけでなく夏山も楽しめるようになり、マウンテンバイクやロードバイクでの走行も可能となりました。

スピード感に溢れ、スキーやスノボーとはまた異なった疾走感を楽しめます。

スピードを競うのはもちろん楽しいですが、気ままにに好きな場所をゆっくりツーリングして、大自然を満喫するのもおすすめ。リアルな風景が心を癒してくれますよ。

 

ライダーズリパブリックで自宅で雪山を楽しもう!

ここまで紹介したように、ライダーズリパブリックはリアルな風景や爽快感のあるターンで、自宅にいながら雪山を存分に楽しめるゲームです。

もちろん、ターン以外にもビッグエアーでトリックを決めたり、ロードバイクやマウンテンバイクで夏山を流したりするのも非常に楽しいですよ。

イメトレにはもちろんのこと、雪山に行けない方にもぴったり!ぜひ、ライダーズリパブリックをプレイしてみてくだいね。